大阪南堀江を拠点とした店舗デザイン事務所mousetrapです。売上アップの戦略的 店舗デザインをメインに、
プロダクトデザイン・アートディレクション・グラフィックデザイン・WEB・ホームページとトータルにデザインを提案するデザイン事務所です。
カフェ、バー、レストラン、飲食店、ブティック、オフィス、住宅空間デザインはもちろん、家具などのプロダクトもデザインします。

The name of this restaurant “KAY” means oars of boat.
We directed the space to make fine dishes entertained by the head chef stand out with the effective use of materials and lighting.
On the first floor, the counter top, which is made of a raw plank, makes the atmosphere in which people can enjoy the conversation with the head chef.
Lighted Ranma (transom) arranged with the traditional motif of waves which is the original family crest of the restaurant, also shows the counter off to advantage.
A wine server gives the costumers the new taste of combination of Japanese dishes and wine.
Go up-stairs, you can enjoy the sight of display garnished with Bonsai (dwarf tree) and traditional dry landscape garden. People can enjoy the display from each private room. And under the display, is a shoe cupboard, which is very functional.
Totally, the design of the restaurant is simple and natural which is familiar with people so that the customers never get bored and keep visiting this restaurant to enjoy their meals.

kay.png

日本料理 櫂 KAY

兵庫 三宮
57.36T
和食料理店

業務内容:
外装内装デザイン
ロゴデザイン
ショップツール作成

兵庫県神戸市中央区八幡通り

舟のオールを意味する店名の日本料理 櫂。
料理長が提供する繊細な料理のおいしさを引き立てる空間を作り上げるための素材と照明の使いかたを効果的に演出。
1階には無垢の一枚板を使用したカウンター天板が自然と料理長との会話を弾ませるような質感をだしている。
オリジナルの家紋をちりばめた波の伝統的モチーフをアレンジした光る欄間が一層カウンターを引き立てている。
日本料理とワインを一緒に楽しめるようにワインの試飲サーバーも設置し、新しい飲食の組み合わせでお客様をたのしませる仕掛けがされている。
階段をあがって正面に突然目の中にはいってくる松の盆栽と枯山水のディスプレイは、各個室からも楽しめるような配置にし、ディスプレイの下は下駄箱になっており機能的な面ももつ。
全体的に奇をてらった装飾等はせず、シンプルで自然の素材感を感じ取れて、その場所に長く生きづくようなデザインとした。